FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループD アンチマジックアワー

ロシアのヒディングとギリシャのレーハーゲル。二人の策士に率いられたチームだが共に初戦は飾れず

前者の相手はスペイン。互いに足元に繋ぐスタイルでJリーグレベルでは考えられないコースにショートパス、ミドルパスがポンポン渡り観ていて何度もへぇ~となったが、特にロシアがここまで繋げるとは予想していなかった。もっともスペインは守備的ボランチと呼べるのがセナ位しかいないので楽に回せたのかもしれないが。

ロシアは最後の決定力さえあればもっと面白い展開になっていたはず。次節もエースアルシャーピンを出場停止で欠くだけに早くも正念場に。ここまで予選突破の請負人だったヒディングも舞台がユーロでは荷が重いか

一方ギリシャは徹底したマンマークで故障明けのイブラヒモビッチを苦しめた。球際の激しさは大会随一。190cmはある大男がぶつかり合う。挟み込む。迫力あったねぇ

リードしているわけでもないのに最終ラインでボールを回し続け、攻め急がず妙に落ち着き払った戦い方で最低でもドローかと思ったが、徐々にマークが甘くなると我らがエース、ズラタンがそこを逃さず右足を一閃、ギリシャゴールにレーザービームが突き刺さった
Image052~01



その後もギリシャは修正出来ずまさかの2-0敗戦。終盤に息切れするようでは意味がない

レーハーゲルもまた窮地に追い込まれた

早くも生き残りをかけ次節でぶつかり合う両チーム。どちらの策士が名誉挽回出来るか見ものだ
Image048~01
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★★ 4EVER ★★

おれ様

Author:おれ様
ここはおれ様が心の病める人々とどう向き合い、どう導くかを信念(珍念)のままに上から目線で思いふける危レッシブな奇録である(仮)

最近のおれ様
おれ様好物
おれ様アラカルト
おれ様アーカイブ
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。