スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタに続きヒュンダイもリコール しかしレベルもラベルも違い過ぎの2社

オリンピックが終わったらいよいよリコール問題一色になるのだろうか


米トヨタ幹部がペダルに不具合があったことは1年前から知っていたと発言したことにより隠蔽疑惑まで出てほこりが出まくりのトヨタ。社長の涙の真相は。。。


この混乱に便乗しGMは乗り換えキャンペーンを展開し鼻息が荒いが、旬なリコールメーカーと一度終えたメーカーしか選択の余地がないアメリカ人の世知辛さ。。。


元々このトラブルは1999年までさかのぼり、以降何の対策もないまま死者合わせて十数人を出した結果となったことで米国民には政府のトヨタに対するこれまでの対応を非難する向きもあり、運輸当局は威信にかけて追求しているのだという


アメリカにもトヨタの工場はあって働いてる人間が大勢いるわけだから、あんまし調子に乗って叩き続けると逆に米国民の生活を脅かしかねないと思うのだが、どこの国の(金持ち)議員も下々の生活は二の次なのか


産経ニュース黒田勝弘氏の外信コラムにこんな記事があった


韓国では隠蔽は当たり前でエンストしようがエアコンから粉が吹こうがドアが閉まらなかろうがクレームには一切応じないらしい


しかも慣れれば問題ないとか言われるらしい(笑)


床屋に行って誤って片眉をそり落として慣れれば問題ないですからと言われるのとは訳が違うと思うが。。。


もちろんこれは国内に限っての話。というのも自動車メーカーが政府よりも力があるのが韓国社会の実状で国も静観せざるを得ないのだという


それが現代(ヒュンダイ)だ


現代自動車と言えば投売りでシェアを拡大し世界的なメーカーにまで昇りつめた急上昇銘柄


(日本人にとっては忌まわしい過去であるW杯日韓共催に持ち込まれた時の韓国サッカー協会会長が現代グループの大物だったことも付け加えておく)


しかし日本ではブランドイメージがチープなままで全く売れず昨年末に撤退している


輸出に力を入れる一方、先にも触れたように国内ではやりたい放題


なんと輸出車の1.5倍程度に値上げして売っていたそう。しかも欠陥当たり前なのに


こんな馬鹿げたことが出来るのは、かってのGMと米政府の関係のように韓国に入って来ようとする外国車には高い関税をかけ競争させないようにしているため国内でのシェアをほぼ独占しているためだ


こんなことを平気でやってるあたりに先進国を装っているが韓国が紙一重であることがうかがえる


しかしさすがに世界のトヨタが隠蔽騒動に揺れる中でビビッたのか現代も24日にソナタのリコールを決定したのだった


しかもその内容が今まで国内では放置していたドアの閉まり不良で。。。

関連記事
スポンサーサイト

募ってます!!松本山雅応援定期預金!!

長野銀行が打ち出した定期預金「松本山雅応援定期預金」

松本山雅応援定期預金

詳しくは長銀ホームページhttp://www.naganobank.co.jp/を見て欲しいが、この定期の一番の魅力は金利うんぬんよりも預けた額に応じてその相当額が山雅の強化費になるという仕組み


実際に身銭を切らずとも山雅に支援した形になるのだからこれは入るしかないでしょ


我が家は既に口座を持っているが、やっぱりこういうのは新規でないと駄目なのか?


そういうことにまるで疎い逝けメンです。。。(*´゚д゚)osietekero てゆーか電話して聞け


まぁぶっちゃけ億単位でノンテフロンしたなんてネガティブな話が絶えない長銀だけど地銀として山雅をサポートしようという心意気は評価したいし、頑張って欲しいよ

関連記事

テーマ : 松本山雅FC
ジャンル : スポーツ

常熱大陸

今回の文化祭に出展した作品の表紙がこれ

情熱大陸1

あれ?どこかで見たことがあるような?


ん?葉加瀬太郎のバイオリンが聴こえて来そうな


(ウルルンの下條アトム風に読む)
今話題のカリスマ逝けメンナースのシュールでディープなプライベートに密着したぁ~


関連記事

テーマ : ナースのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

山雅、まずはJリーグ準加盟をクリア 準加盟ってなんだ?

16日に社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)よりリーグ準加盟を承認された松本山雅


つまり来年からJ2リーグに参加出来る権利を得たということだ


そう。来年の話し。ちょっと気が早いと思うかもしれないけど


あとは、今年のJFLで4位以内に入ることが出来れば晴れてJリーグとなるわけだ


で、参加出来る権利ってなんだ?って方のために簡単に説明する


JFL(日本フットボールリーグ)の上のカテゴリーがJ2になるわけだが、単純に成績が良ければ昇格出来るというシステムではない


それが、「加盟制度」であり、Jリーグによる審査をパスしなければならない


審査は簡単に言うと、チームを運営するために資金が必要なのは言うまでもないが、県や市からの援助が受けられるのか、スポンサーの確保、集客率(平均入場者数が3000人)、スタジアムの規模や設備(イス席1万席を含めた15000人以上収容。照明1500ルクス以上)、練習場の確保、プロA契約者が5人以上、監督およびコーチが日本サッカー協会が認定する指導者ライセンスを持っていることなどがある


国内のトップリーグに相応しいレベルを備えていることに加え、大分トリニータが倒産危機によりJリーグが数億円を貸したような事態を極力避けるための制度でもある


近年ではFC琉球がやはり経営面での不透明さを指摘され不認可となっている


なのでJFLからJ2へのステップは「昇格」というより「入会」という表現が合っているかもしれない


まぁもちろんその逆もあってガイナーレ鳥取は2007年に準加盟したもののJFL2年連続5位でJ2入りを果たせずにいるチームもある


このように何年も入会を逃せば熱も冷め客離れ、企業離れ、果ては自治体離れを起こしかねないため出来るだけ早期の入会が望ましい


現行ではJ2に一度入ってしまえば最下位になったとしてもJFLに降格という制度がないことも大きい



幸い現在山雅はスタジアム、集客率などの要件は満たしているため、あとは資金面が鍵となる


NPO法人(特定非営利活動法人)のため社団法人あるいは株式会社にする必要がある


そして常勤の役員1人以上、社員が3人以上いることとある


つまり、山雅というサッカーチームのために人生賭けれる勇気と知性のある人物を選び出さなければならないわけだ


これって自分に置き換えたら大変なことだよね


ちなみに、同じくJFL一年生のツエーゲン金沢はリーグ準加盟申請の期限に間に合わず、来年のJ2入りは難しくなった


ライバルが一つ減ったように思えるが、そうでなくとも他に準加盟が承認されたライバルたちがまだ3チームいるのだから、全く油断出来ない


制度が変わって4位以内が2位以内なんてことにならないうちに入会したいものだ

関連記事

テーマ : 松本山雅FC
ジャンル : スポーツ

★★ 4EVER ★★

おれ様

Author:おれ様
ここはおれ様が心の病める人々とどう向き合い、どう導くかを信念(珍念)のままに上から目線で思いふける危レッシブな奇録である(仮)

最近のおれ様
おれ様好物
おれ様アラカルト
おれ様アーカイブ
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。