スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wccf⑰ カズ・ダンス

まんまと我らがカピタン(キャプテンのこと、ポルトガル語で仲間の長という意味)サネッティを出し抜き新キャプテンに就任したロビーがやって来た

主将登場



ここで3択となるのだが、そりゃWファンタジスタ採用してるんだからスペクタクルな攻撃サッカーでしょうと選択すると、



守備をないがしろにする監督に不安を抱いていますとうなだれモチベーションも下がるのっけからまさかの反発!!(笑)



このチーム大丈夫か!?出鼻を挫かれタイタニックのような怪しい船出となった



練習でも(>_<。)



誰よりも早くスタミナが無くなるロビーさん。



あのぉ、まだみんな練習したがってるんですけどやめなきゃ駄目ですかぁ?



「バァロォ!!俺様がケガしたらどうするんじゃい!!」



全く練習になりません(泣)



更に特殊への期待を込めて全盛期からはかけ離れたシニョーリ(ATLEになって!!)を起用したが、全く機能しない。スタミナも持たない。その上ロビーも輝かない。そしてスタミナも持たない(笑)



妄想とは異なる現実にすぐさまシニョーリ大先生に見切りをつけキング・カズを投入する



これも友人から特殊になるからと薦められて半分シャレでベンチ入りさせておいたのだが、



このチャンスをダンディズムが逃すはずがなかった



ベップからのロングパスをフリーで受けシュート!!ゴール!!!!



そして出ました、田原俊彦仕込のキング・オブ・舞踊「カズ・ダンス」!!

キングオブ舞踊

スタメンの座を奪い取るとその後も素晴らしい決定力で4試合で6ゴールを量産しチームを牽引する大車輪の活躍

ダンディズム大暴れ



最後の大和魂体現者、三浦和良



まずポジショニングがいい。ベップからのロングパスをフリーで受ける動きが見事で、もらってからのフィニッシュも完璧



枠をはずすようなことはほとんどなく、ドリブルも上々



さらに終了間際に勝ち越しゴールを決めるなど大舞台での強さもそのままに、日本史上でも屈指のストライカーであることをwccfではしっかりと刻みつけてくれる



ちなみにLEではなくカルチョ版黒カズでこの活躍ですよ



ベップとは連携最悪なのが今後強豪との対戦で気がかりではあるが、こうなったらキング・カズ号に乗っかって一蓮托生だ






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

wccf⑯ イヴと若者と新チーム始動と私

世はクリスマスイヴ。セレタス一家はゲーセンで過ごすことに



となればやらないはずがなく、新チームを立ち上げてきた



その前にトイレへ



俺が余分なものを排出していると一人の若者が入ってきた



しかし行き先は便器ではなくミラーの前



おもむろにヘアーのチェック&セッツ!!



これが噂のミラーマン!!(ちゃうちゃう、それは植○きょうじゅだって)



どうしていいかわからなくなった俺は若者の隣に立ち一緒にチェック&セッツ!!Check&Set!!



これが噂のミラーズか!!



意気投合した俺は若者のベットリとワックスの付いた手とガッチリ握手を交わしトイレを出た。うそうそ(笑)



いやはや、青春だね、頑張れ若者!!君に幸あれと願うのだった



今回初めて3バックを採用



3-4-3だが中盤の配置にまだ迷いがあり決めかねている段階だ


新フォメはこれだっ

ジュビロのN-BOXにも見えるこのシステム、N(名波)のポジションにはやはりレジスタの”ベップ”グアルディオラが入る



ベップには守備は期待していないので後ろの二人にはインテル・ディトーレを起用



ディ・ビアッジョは本来レジスタだがウニベルサーレに近い万能型の選手でwccfでは守備と運動量が強調されている



アルメイダは言うまでもなくピッチ全体をカバー出来るスタミナが自慢で、この二人で奪ってベップに繋いでくれればそれでいい



そしてベップと特殊のバッジョにパスが渡り、更に特殊のゾーラやシニョーリと極上のパス交換からあんなことやこんなことまで。。。。。



と、能書きと妄想はこれくらいにしてと



ほんとは3バックはコロンビア3兄弟にしたかったのだペレアがないのでとりあえずウェストを起用



しかしウェストは何故ミランユニなんだ?裏のコメントだってどうみてもインテル時代のものだろ



それを歯がゆい気持ちで使うインテリスタのことも考えてくれよ、SEGAもなかなかのサディストだな



今回3バックともう一つ挑戦したのがWファンタジスタ



大好きなロビーと超好きなゾーラを同時起用



なんとも欲張りな俺らしいが今まで中々実現出来なかった



これも3バックにより前線に選手を割ける恩恵だ



しかし蓋を開けて見ると困難の連続だった。。。。。(泣)





関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ViVa!!ソバ!! 支那そば あさの

支那そば あさの


店主のあさのさん?が可愛くデザインされた看板が目印のお店



チャーミングなイラストとは裏腹でその味は支那そばの王道を行っている



決して広くない店内にいつも満員のお客さん



ゆえに相席をご容赦いただくこともある



先に食べていたのは2才くらいの女の子と親



シベリア帰りのコートを着ていた俺を見て子供の目は俺に釘付け



親が見過ぎ!!って子供に言い聞かせるがそんな言葉耳に入らない



それはまさにクマと対峙したウサギの心理で、目をそらせば殺られるという危機感を、殺気を感じ取っているのだろう



相手親が気を使うので、大丈夫、ウチの子も知らない人を見るとこうなりますからと笑っておいた



まぁ半分自分へのフォローも入ってるけど(笑)



ネギらーめん

ネギらーめん



この赤いのはキムチじゃないです、辛ネギなんです



あっさりピリ辛です



支那そば以外にもバリエーション豊富なチャーハン類などメニューも豊富。きっと探究心旺盛なんですね


その他のメニューを相席に気を使い写メルのを忘れる痛恨のミス(泣)



子供にテンパッてたのはお前のほうかよっ!!(笑)



ビバ!!ソバ!!




関連記事

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

セレタス銀映 第29幕 男が泣けるドラマ 「シリウスの道」

ドラマW「シリウスの道」


時に熱く、時にヒョウヒョウと、時に弱さを、広告業界の現場で、プライベートで、そして旧友の前で見せる様々な男の姿に、太く短く生きる姿に激しく感情を揺さぶられる


サスペンスタッチの展開と内野聖陽の迫真の演技にグイグイ引きこまれていく


そして内野聖陽につられるがごとく、個性派ばかりの共演陣も負けまいと競演し、至極の演技合戦を生んでいる


見ればわかる。そう言いたくなる作品



「その男たちの生き様、シリウスにあり」



進兄貴も抑えた渋い演技してます
関連記事

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
ジャンル : 映画

★★ 4EVER ★★

おれ様

Author:おれ様
ここはおれ様が心の病める人々とどう向き合い、どう導くかを信念(珍念)のままに上から目線で思いふける危レッシブな奇録である(仮)

最近のおれ様
おれ様好物
おれ様アラカルト
おれ様アーカイブ
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。